アパレル 辞めたい

アパレルを辞めたいあなたへ

アパレルを辞めたい?転職を見据えての対策法を販売経験者が解説します。

アパレル職から新しい職種に転職する方法のアドバイス

apparel-yametai-top

アパレル職を辞めたい方にありがちな悩み

  • アパレルショップ内での人間関係やいじめが多い
  • メンヘラ気質の同僚が多い
  • 拘束時間があまりに長い
  • 店内立ちっぱなしで足腰への負担が大きい
  • メイクやヘアセットでプライベートが圧迫される
  • 衣服の購入を強いられる
  • 休日が友人や恋人と合わない

人や環境を変えることは難しいものです。
アパレル職を辞めたいと切実に思ったら、現在のアパレルショップでの勤務を続けるよりも、別のショップへの異動、もしくは別会社への転職をおこなったほうが、あなたの人生にとってプラスになるかもしれません。

アパレルを辞めたい時の「3つの選択肢」

  • 別のショップへの異動願いを出す
  • 別のアパレル会社へ転職する
  • アパレル職での経験を活かして別業種で働く

待遇への不満がある場合、昇進により大きな改善が見込めるなら現職に留まることも選択肢に入るでしょう。そうでない場合、別のアパレル会社ではどのような待遇になっているかのリサーチをおこなってみることも有効です。

ただ人間関係の場合、改善は難しい傾向にあります。別のショップや職種への異動を待つよりほかないのが、残念ながら一般的です。気が合わないのは仕方ありませんし、明らかな問題があったとしても、改善の合理的な仕組みがアパレルショップ内になければ、日々に忙殺されて改善する余裕はないですよね。この場合、別のアパレル会社への転職を見据えて動くのがいいと思います。別に転職は「逃げ」ではないのですから。

また拘束時間や体への負担、衣服の購入費などアパレル職特有の悩みを改善することは、ほぼ不可能といっていいでしょう。この場合は、別の業種への転職が選択肢としては現実的です。

今の職場で我慢して働くことで幸せになれるでしょうか?そのことをしっかりご自身に問いただしてみましょう。

アパレルを辞めたい体験談

私が、なぜアパレル職を辞めたい方にアドバイスができるかというと、私も以前アパレル職で働いていたからです。私が以前働いていた年数は、トータルで4年弱くらいなので、みなさんに役に立つアドバイスになったらと思っています。

私がアパレル職を辞める際は、最低2ヶ月前には辞めることを伝えました。まず社会人としての基本としまして、会社側に伝えなければなりません。何日間前や何週間前などに辞めることを伝えた場合、引き継ぎ等など会社側からしたら困ることがたくさんあるので、最低1〜2ヶ月前には余裕を持って伝えておくようにしましょう。また、その1〜2ヶ月の間に、次の転職先を探しておくのもベストです。辞められてすぐ新しい仕事に就けるということは、心機一転にもなりますし、仕事がないという焦る気持ちがなくなりますので、新しい職場が決まっていれば気も楽ですし退職までそれまでのアパレル職を全力でこなしていける気持ちがでてくるので、前もって、余裕を持って準備をしておくのは自分のためにもなりますので、辞める間にいろんな事に対して計画を持つことは大切だと伝えたいです。

私は、1〜2ヶ月前に辞めることを伝え、実際にその間に計画を立てながら次の職場を見つけ気が楽になり、心機一転次までの仕事に全力で打ち込めました。

辞める理由や、辞めたい理由などみなさん色々あるかと思います。たくさん悩むかと思いますが、悩んだ分楽しいことが絶対あるので、自分自身にあった仕事に就けるように応援しています。

 

アパレルを辞めたい時の対処法