アパレル 辞めたい

アパレルを辞めたいあなたへ

アパレルを辞めたい?転職を見据えての対策法を販売経験者が解説します。

アパレルからの転職が有利な、これだけの理由

読了までの目安時間:約 3分

私は都内に住む30代の男性なのですが、昔から仕事上でアパレル業界の知り合いが多く、ショップ店員の方とも接する機会や友人となる方も多かったです。
そこでやはり仕事の悩み相談などを受ける機会も頻繁にあったため、妥当なアドバイスが出来るのではないかと考えております。

アドバイスとして、元アパレル職の方に向いている仕事をいくつか根拠と共に挙げさせて頂きます。
というのも、相談に乗った方は結局ほとんどが転職し、その先で成功した方が多くいらっしゃったからです。
元アパレル職の方は社交性・トーク力などが優れている場合が多く、対人の場面にストレスを受けにくい方がほとんどなのではないでしょうか。
ですので、営業職・他業種の接客業などでは力を発揮出来る場合が多いです。
また容姿も一般的な平均レベル以上の方が多く、そうでなければそもそもアパレル職の販売に合格していないでしょう。
また管理業務には恐らく最初から就く事は稀で、ほとんどの方が現場を経験されているかと思います。
アパレル職にふさわしい容姿レベルをお持ちであれば、上記のような職への転職の際に、面接を通過出来る可能性も高いです。
容姿で全てが判断されるわけでは決して無いですが、営業職などでは重視されるポイントである事は否めません。
以上のような特性から、人と接する仕事・人の気持ちを掴む事が重要になる仕事などは向いていると考えて良いでしょう。

実際に私の友人でアパレル職からWEB制作会社の営業マンに転職し、社内トップの成績を挙げている方がいます。
営業マンの仕事など未経験だったにも関わらず、です。
その他にも営業や接客業に転身して後悔したというケースがほとんど無いのです。
必要とされる能力や資質がアパレル職と似ている事は明白ですし、十分な根拠になりえると考えています。

時折、転職を逃げる事だと捉える方などもいますが、私はチャンスが広がる絶好の機会だと考えています。
もしも今の職場でやり残している事や、まだやってみたい事があるのであれば残るべきだとは思いますが、あなたが他の職に就く事で今後喜んでくれる方が待っている可能性があります。
ご自身の才能に気付ける良い機会だと思いますので、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
アパレルを辞めたい時の対処法