アパレル 辞めたい

アパレルを辞めたいあなたへ

アパレルを辞めたい?転職を見据えての対策法を販売経験者が解説します。

アパレル関係にて仕事をする際に、自分は向いているのか確かめましょう。

読了までの目安時間:約 2分

私の知人に昔、アパレル関係で仕事をしていた方がいました。正社員では無く、アルバイトという形でしたが、正社員と同じような勤務時間、拘束時間の長さや、あまり良くないお給料などで、相談を受けた事が何度かあります、アパレルの仕事は夢だったそうですが、現実は厳しいようでした。

その知人は毎月のお給料を受け取っても、全て、そのお店で売っている衣類雑貨を身に付けなければいけない為に、それでいつもお金が消えて行くと言っており、大変そうなのかが目に染みてわかりました。本当に好きなブランドのアパレルにて就職出来れば良かったのかもしれないですが、中途半端な気持ちでは、とても務まらないのだな、と思いました。何より、祭日や祝日、土曜日日曜日のお休みが取れないという事。お正月には初売りにて声を張り上げ、新年から大変そうでした。アパレル関係にて働くのは、どこか女性の夢であり、憧れでもあります。好きなブランドの服を来てお客様に売る。聞こえはとてもよいです。でも、やり甲斐があるのは確かだとは思います。が、自分の時間はなくなるでしょう。やはり、その会社によっても違いますが、普通に朝から夕方まで、なんてのは理想であるのだと思います。その職場で自分を出せるのか、好きな服を来てただ、満足しているだけではないか、お客様を喜ばせる事が出来ているか、確り見極めるべきです。

悩んで悩んで、知人はこの職場を退職しました。求人はいくらでめありますから、全く違う職種に行きましたが、それが良かったのかもしれません。

やはり、自分のやりたい職種と向いている職種は違うのだと思いました。好きな事をしてお金を貰うと言うのはとても大変と言う事。でもある程度違う職種で自分を作り上げ、自分を知ってから、アパレル関係、自分のやりたい職種に就くのも良いと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
アパレルを辞めたい時の対処法