アパレル 辞めたい

アパレルを辞めたいあなたへ

アパレルを辞めたい?転職を見据えての対策法を販売経験者が解説します。

アパレル業界で楽しく働く方法と切り替え方

読了までの目安時間:約 3分

昔からファッションが大好きで、アパレル関係で仕事をする事が夢でした。デザインの才能はないと自分でも思っていたので、高校生の時からアルバイトで販売員をして短大卒業後は本格的に社員として売り子になりました。

同性が多い職場でまた我が強い人が多いので人間関係は本当に大変ですね。私も最初の頃はストレスで食欲が落ちたり生理不順になった事もあり、もうアパレル関係は辞めて全く違う職場へ転職を何度も考える日々でした。特にその時の先輩の性格がキツくてアルバイトの子に当たり散らしすぐバイトは辞めてしまうので、その仕事のしわ寄せも私達に降りかかってきて限界に達していました。心身共にもうダメだと思っていた時、本部の上司が同期と私を食事に誘ってくれました。彼女は仕事が出来また美人で皆なから尊敬されて一目置かれている存在です。各店舗の中の細かい人間関係まで全て把握していて私達の悩みを全て受け止めてくれました。彼女のアドバイスはどこの職場に行っても多かれ少なかれ人間関係の軋轢というものは存在するので、その中で自分の立ち位置を見つけどのように振舞っていけばストレスなく楽しく働く事が出来るかという事やストレスの解消法、また切り替えの方法を自分なりに見つけるという事などを教えてくれました。また店舗の人間の一部配置移動も行いよりよく働ける環境を作ってくれました。

信頼する人からのアドバイスを受けて、私はなぜアパレル業界に入ったのかまた入りたいと思ったのかという事を初心にかえり考えなおしました。
幼少時代からファションが大好きで、お客様の体型の悩みに合った洋服を一緒に考え提案したり、着る洋服によって別人のように違う雰囲気になられるお客様の顔を見るのが喜びだった最初の気持ちを取り戻そうと余計な事は考えずにサービスという点に力を注いで自分なりに努力をしました。そうすると自然に売り上げもアップして先輩や後輩からも頑張ってるねと徐々に尊敬されるようになってきました。また女性同士の面倒なイザコザに関しては巻き込まれる事はありますが、深く考えないという事をモットーにしました。切り替えという事を常に頭におくようにして、仕事が終わればジムに行って身体を動かしたり好きな映画や食事を楽しんだりと引きずってウジウジと考える事を辞めました。切り替えがうまく出来るようになると次の日の仕事にマイナスを持ち越さないのでやる気も上がり、楽しく働けて人間関係も気にならなくなってきました。また、雰囲気が良くなるように極たまにお店の皆なで軽くお酒を飲みに出かけたり、イベントを催す企画を考えたりしました。

アパレルの仕事そのものを大嫌いになってしまったと言うのなら転職も致し方ないかもしれませんが、同じ業界でまた働くなら今の職場を辞める前にもう一度基礎を考え直し見直して見て欲しいです。必ず改善点があるはずです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
アパレルを辞めたい時の対処法